2009年10月21日

boost condition

boostでスレッド間の同期をとる便利クラスconditionを使おうとすると次のエラーで怒られた。

error: `condition' does not name a type

同じソースコードで、ある環境だと問題がないのに別の環境だと怒られる。
#include <boost/thread.hpp>
をしてるのになぁ。

と思ったらboost 1.36からconditionはincludeが変更になったようだorz
持ってるboostの本は1.35準拠なので情報が古いorz
#include <boost/thread/condition.hpp>

マジで1時間ぐらい無駄にした。

Comment on "boost condition"

へえ.
仕事でboost使ってるのかな?

  •   haru-s
  • 2009年10月21日 07:30

うん。
boost便利だけど情報が少ないね。
検索で飛んできた人向けに情報を残しておくと次のリファレンス見た方が早いぽい。
http://www.boost.org/doc/libs/1_38_0/doc/html/thread/synchronization.html#thread.synchronization.condvar_ref

  •   けんじ
  • 2009年10月21日 13:52

Post a Comment

コメントする

コメント登録機能が設定されていますが、TypeKey トークンが設定されていません。