未分類

RTX1100来たっ!!

YAMAHAのルータRTX1100が届いたのでいじってみた。
DSCF0314.jpg

定価12万のところ、ヤフオクで3万6000円でゲット。
中古と言う話だけど、開けてみたら中身は新品っぽい。
箱は凹んだりして痛んでいるんだけど、中の本体やコード類の袋は開けた形跡がない。もちろん使った形跡もない。マニュアルも袋から出した後が無く新品のようだ。
どっかの在庫としておいてあったけど箱が傷んでしまってB級品になったとかそんなんだろうか。
とりあえずイェイ!!って感じだ。

で、早速設定・・・と思ったけど、このルータデフォルトでIPアドレスは設定されない。
よってネットワーク経由でTelnetしようにもIPアドレスが無いので接続できない。
その場合RS-232Cでシリアル接続し、設定することになる。
えー!RS-232Cなんてレガシーなインターフェイス使ったこと無いよ!!
ネットワーク管理者にとってRS-232Cで接続して設定とかは当たり前だろうけど・・・。

ルータにはMACアドレスは設定されているので、MACアドレスからIPアドレスを割り振るRARPを使えばIPアドレスを設定できるとのこと。
RARPでやってみるかと言うことでRTX1100をrarpdで設定する@Debianなどを参考にrarpdを設定してみた。

が、なぜかうまくいかない。設定したがTelnetで接続できなかった。
そこでもう寝なきゃと作業を中断したので、連休中に続きをしよう。
とりあえずパケットキャプチャしてRARPパケットが正しく飛んでいるかチェックせねば。
それがダメならRS-232Cで直接設定かな。

むむむ。いろいろいじってやってみるか。

あと家のUbuntuマシンを6.10から7.04にアップグレードした。
アップグレードしたらXが起動しなくなってちょっと焦ったけど、Xorgのログを見たらXorgの設定ファイルのフォーマットが正しくないよ!って怒られてたので見なおしてみた。設定ファイルの一番最後の行でエラーになっていたがおかしいところは特にない。最後の行の終わりに改行が必要なのか?と思い、改行して保存し直して再起動したら普通に起動した。
何だったんだろう・・・。

家に会社のサーバを置くことになったので、我が家にもう一本光をひいた。ビジネス向けの高いヤツだ。
そしてサーバにはUbuntuのServer Editionを選択。6.06のLTS(Long Term Support)だ。TLSは安定版として特別にサポート期間の長いバージョンで、6.06のLTSは2011年までサポートされる予定。無料なのにありがたやありがたや。
サーバのマシン名はneutrino(ニュートリノ)に設定。我が家のマシンには基本的に素粒子やそれ関連の名前を付けるようにしてる。銘々規則的なモノを決めておくとマシン名付けるときに悩まなくて良いので楽だ。

会社のサーバを置いたら俺の部屋に現在6台のマシンが・・・。たこ足配線しまくってるのにもうコンセントの空きがない!
電力消費量的にも限界だな・・・。もし火事が起こるとしたら可能性が一番高いのは俺の部屋だ・・・。ぬぬぬ。ま、このサーバは爆音なのでマシンのセットアップが出来たらサーバルーム(ただの空き部屋)に移動することになるだろうけど。

電力消費量的に考えて、これから購入するマシンはあまり電気を食わない構成にしていかなくちゃ・・・。

コネクションプール

Struts+Spring+iBATIS+MySQLの構成でDB検索し結果をWebに表示するページができたので、どれぐらいスループットがでるのかなと負荷テストをやってみた。
ツールはJMeterを使ってみた。
JMeterは自由にWebリクエストを設定してその繰り返しで負荷テストを行うツールだ。

ためしに10スレッドからそれぞれ300リクエストしてみた。
スループットは40/secか・・・。1秒間に40リクエストを処理できるのか。微妙に重いな。と思いつつ結果を見てると途中から以下のエラーがでるようになった。

どうやらJDBCのコネクションが多すぎてポートを確保できないらしい。

そんなときはコネクションプールだ!ということでCommons DBCPを導入することにする。DBCPは名前の通りDatabase Connection Poolだ。
DBCPと、DBCPが依存しているライブラリをlibに突っ込んで、springの設定ファイルのdataSourceをデフォルトのorg.springframework.jdbc.datasource.DriverManagerDataSourceからDBCPのorg.apache.commons.dbcp.BasicDataSourceに変更する。
なんとこれだけで設定完了、コネクションプールができる。便利な世の中になったものだ・・・。

さっそくJMeterで負荷テストをしてみると・・・おおお!軽い!! しかも落ちない!!!
スループットは300/secまで上昇、7.5倍も高速になった。
恐るべしコネクションプール。

ちなみに今回はスループットが劇的に改善したけど、場合によってはコネクションを維持するコストの方が高くて、コネクションをプールしない方がよい場合もあるらしい。

DB検索の結果のキャッシュも有効にするともっと高速になりそうだな。

いろいろ出た

Jakarta Commons VFS 1.0 released
ファイラのカメレオンルミィで使用している仮想ファイルシステムのライブラリの正式版が出た。

Commons VFS provides a single API for accessing various different file systems. It presents a uniform view of the files from various different sources, such as the files on local disk, on an HTTP server, or inside a Zip archive. For example, you can use filenames like
とあるようにローカルのファイルやWebサーバのファイル、圧縮されたファイルを同じように扱えるのでファイラを作るときにはとても便利だ。
カメレオンルミィで使うライブラリのバージョンも上げておこう。
WebDAV対応は相変わらずまだ開発バージョンのようだ。
一応一通り使えているようだったけど。

Groovy 1.0 is there
Javaが使えるスクリプト言語のGroovyの正式版が出た。(正確に言うとJVMで動くバイトコードを出力できるスクリプト言語)
さくっと書けて、なおかつJavaの豊富なライブラリが使えるなら最強な気がするけど全然話題になっていない。まぁ今現在Javaは主にWebアプリケーションに使われているのでスクリプトになったからって使い道がないんだろう。
自然言語処理をJavaでしてる俺としてはテキストデータを加工するとか使い捨てのプログラムを書くことが多いのですごい便利そうなんだけどな。まぁもちろん純粋なテキスト処理だけだとPerlの方が楽そうだけど。
Eclipseの補完機能に慣れまくった体になってしまったので、Groovyにも補完効きまくりのプラグインが欲しいところだけどGroovyプラグインはそこまでやってくれるんだろうか。
と思って使ってみたけど補完はダメぽだった。

GroovyはJava文法でもOKなので、Groovy風の省略しまくった文法とJavaの文法を混ぜて書くことが出来るのが良いな。
Perlだと100%Perlの文法をマスターしないとダメだけど、GroovyならGroovyの文法50%使って簡単に書いて、その他はJavaで今まで通り書くって事が出来る。

正規表現もPerl並に簡単に使えるし、使い捨てプログラムには最適なんだけどな。とりあえず1.0出たことだし和訳された解説本が出ることを期待しよう。

のだめドラマ化

のだめ予告(YouTube)

こ・・っ!これはっ!!

無難にアニメ化でよかったのでは・・・。
アニメだとオーケストラのシーンとかが大変なのはわかるけど。

のだめドラマの成功の鍵は、いかにのだめ役の女の子が女を捨てられるかだな。
この予告ではまだ女を捨ててない!これじゃダメだ!

女を捨ててるからこそ「ぎゃぼー!」とか謎の言葉が許されるのであって、かわいこぶりながら「ぎゃぼー」とか言ったら顔面正拳突きだぞ。

アニメはやらないのかと思ったら来年1月にアニメ化の予定もあるらしい。
デスノのアニメもあるし、最近は実写とアニメ両方出すのがブームなのか?そういや蟲師もアニメと実写両方だな。ハチミツとクローバーもだ。
アニメでオタを狙い、実写で一般層を狙ってるんだろうか。

小泉首相 靖国参拝の理由語る

日テレNEWS24「小泉首相 靖国参拝の理由語る」
小泉総理の参拝後インタビューノーカット版(約16分)

おー、やっぱり公約通りに15日に参拝したね。
反対しているのは中国韓国だけ、いつ行っても批判されるので8月15日に参拝しても同じ、参拝を問題にするのは特定勢力だけ。ときっぱり言うのはさすが小泉。
個人的には参拝してもしなくてもどっちでもいい。でも、中国韓国そして朝鮮系日本人の言いなりにはならないという態度は評価できる。

ヘタレには小泉の後は任せられない、と思って有力候補の安倍晋三をどんな人かとWikipediaで調べてみると・・・。

>講演終了後の懇談会で「北朝鮮など核攻撃で焦土にしてやる」と発言。

ちょwww安部さんwwそれ言いすぎwwww
まぁソースが無いので信憑性があるかどうかは不明。

顔だけ見てたらなんか頼りないけど、中韓や朝鮮系日本人をはじめとする反政府分子の圧力に屈しない精神があればいいな。

24インチデュアル!

注文していたNANAOのFlexScan S2410Wが届いた。
早速机に設置。
DELLのクソ24インチは週末に返品用の書類などが来ると言うことで、それまで24インチのデュアルモニタと言うことになった。

06-05-10_20-08.jpg
でかっ!
机に乗り切らなくて隣の机にまたがってるし!
17インチ用デスクに24インチのデュアルは無謀だったか・・・。1台だけでもはみ出てるしな・・・。

NANAOの液晶と並べて比べてみるとやっぱDELLのは酷い・・・。
滲みは論外として、グラデーションが綺麗に表示できていない。
シャープのモニタ調整用プログラムを実行してみるとわかるけど、DELLのはグラデーションが階段状に表示されてマッハバンドが見えまくる。しかも均等に階段になるんじゃなくてホントにガタガタ。NANAOのモニタは綺麗なグラデーションになって色の境目がわからない。まぁそれが当たり前なんだけど。

後どちらのモニタも明るすぎるので、明るさを最低にして使っているけどDELLのほうは明るさを下げると今まで灰色だったのが黒につぶれてしまう。NANAOの方は暗くなるけど灰色は灰色。
よってDELLは映画とかで暗いシーンになると、真っ黒になって訳がわからなくなる。

DELLのは返品せずに動画再生用に残しておこうかなと思ったけど、マッハバンドと黒くつぶれるのがあまりに酷いので動画再生用としてもダメダメ。
7万じゃなくて3万ぐらいなら許せるけど今の値段じゃダメだ。

Linuxマシンは19インチのデュアルにしてるけど、24インチのデュアルは段違いに広い。スバラシイ。
“無駄”に広い、とも言うが。
でもプログラミングでEclipseのビューを開きまくる派の俺としては24インチ1枚じゃ狭いんだよなー。

MicrosoftがWindows Server 2003 R2 180日間限定版配布中

Windows Server 2003 R2 180日間限定版

VMwareに入れて攻撃のテストに使うにはイイかもw

しかし試用版の詳しいライセンスが不明。
半年たったら起動しなくなるのか、開発に使っていいのか、サーバとして外部に公開していいのかなどはわからない。

現在CDの無料配布キャンペーン中と言うことだけど試用版のダウンロードならいつでもできるみたいね。

Eclipse 3.2 M1期待age

Eclipse 3.2 M1が出た。
3.2での追加項目はどんな感じなんだろう。

とりあえずM1ではSWTに機能追加があったようだ。
テーブルヘッダにソートの昇順降順のマーク(▲▼)を表示する機能が追加された。
ちょっと欲しかった機能だったのでちょっとうれしい。

テーブルのヘッダのドラッグでの並び替えも追加されたようだ。
これも結構欲しかった機能だったので結構うれしい。

問題はいつ3.2が出るかだなぁ。

NFS

仕事先の研究所には大量の計算用ランニングマシンがある。
そしてどのマシンに接続しても同じhomeが見える。
どうやらhomeがファイルサーバに接続するようになっているらしい。
家のLinuxもドコに接続しても同じHomeが見れるのであればものすごく便利だ。

と言うことでやってみた。
NFS( ネットワークファイルシステム)と言うものでファイル共有をしているようだ。
参考にしたのは
The Linux Networking Overview HOWTO
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Networking-Overview-HOWTO.html
第11回 nfsルートで大規模UNIX環境
http://www.si-linux.com/labo/shlinux/shlinux_tips11.html

VMware上のDebianをサーバに設定してみる。
サーバの/etc/exportsを編集
/home IPアドレス(rw)
を追加。これで/homeがIPアドレスからの接続でread,writeの設定。
再起動するとデーモンも自動で起動する。便利。

クライアントで
mount 接続先IP:/home /mnt/home/
で接続。
が、拒否される。
いろいろいじってもダメで、どうやら以下のパッケージが必要な様子。
apt-get install nfs-user-server portmap

portmapは入ってたので指定は要らなかったかも。
入れると接続できた。いろいろいじった結果入れたのかパッケージが足りなかったかの相関は不明だけど接続できたのでおk。

新しいサーバが来たらユーザ管理をLDAPで、HomeをNFSで共通化できればいいな。
まぁユーザは俺アカウントしかいないから一元管理はいらないかw

人狼BBS

JavaWorldに紹介されていた人狼BBSをのぞいてみた。

人狼BBSとはプレイヤー参加型のゲームで村人と人狼が知恵を競い合うゲーム。
村人全員が村人全員を疑い、毎晩誰かを処刑する。
人狼は村人を装い、何食わぬ顔で毎晩誰かを牙で切り裂く。
最後に残るのは村人か、人狼か。

正直アツい、過去ログを読むだけでもかなりおもしろい。
人狼が村人を装い、どうすれば村人が生き残れるかを力説している裏で毎晩誰かを食べる。
村人は知恵を絞り誰が本当のことを言っているか、誰が疑わしいかを探り合う。そして毎晩だれかを処刑する・・。

本家
http://ninjinix.x0.com/wolf/index.rb

まとめサイト
http://wolfbbs.halfmoon.jp/

最初に読んだゲームのログがいきなり名勝負
毎日一人だけ対象の人物が人間が人狼かを占える占い師が、いきなり人狼二人を当てるが偽物占い師が出てきてどちらが村人の信頼を勝ち取るのかのガチンコ勝負。
このゲーム、いかに村人の信頼を勝ち取るのかが難しいですな。
http://ninjinix.x0.com/wolf/index.rb?vid=1&#bottom

一度参加してみたいけど頭が良くないと全然ゲームにならないだろうなぁ。
約1週間 割と時間がある人じゃないと発言力つけられないだろうし気軽には遊べないゲームですな。