Diary

ウイルス その後

ウイルスは結局Netsky.Qと判明。Netskyの亜種らしい。
詳細はhttp://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/03/29/2598.html
昨日中にパターンファイルが更新されウイルスメールの嵐はとりあえず収まった。

メーラはやっぱOutlook以外の方がいい。
ちなみにうちではEdMaxのフリー版を使用中。フリーなメーラの中では割とよさげ。最近は別のよさげなフリーメーラもいろいろ出てるらしいけどまぁコレでいいや。
会社マシンではOutlookを使用中・・・。危険だ・・・。
環境設定のマニュアルにOutlook用の設定が書いてあったので使ってしまったけどウイルスの蔓延する原因がOutlookな事がしばしばあるのでデフォルトメーラをOutlookにするのは良くないと思う。

ウィルス

なんか今日社内にウイルスが紛れ込んだらしくウイルスメールががんがん届くようになった。
一応全部のマシンにアンチウイルスが入っているらしいけど最新パターンファイルでも検出できない模様。
ふ~む、新型ウイルスかな。対策をちゃんとしてても危ない時は危ないと。

Outlookを使わないように徹底すれば大半のメール媒介型ウイルス回避できるような気もする。

マイクロンフト

ちょっと前の記事だけど

Windows XP SP2はセキュリティのためのSPと言っても過言ではない~東氏
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/02/25/2218.html

>また、脆弱性については、「あらゆるソフトウェアに存在するもので、“欠陥”ではない」と定義。
すげぇw
「不具合ではなく仕様です」などと同じ開き直りの極致ですな。

Oracle

家にOracleを入れてみようと思ってライセンスを確認するとどうも1CPUのライセンスを買わないとダメっぽい。ちなみに75万。
ホンキですか?とメールしてみる。
「家でサーバで公開する掲示板のデータ保存としてOracle使うときは75万のヤツしかないの?」
「75万のヤツ買ってください。」
「それは個人でOracle使って掲示板公開するとかWebサービスするとかは想定してない?」
「想定してません。」
ぬぅ。想定してください。商用無理機能限定サポート有料でもイイから・・。
ちなみに自分しか使わない閉じたシステムではOracleを使うことができその場合は5万円。

こっそり試用版使ってもばれないだろうけどおとなしくMySQLかポスグレと言うことでポスグレにする。
yum を使って簡単にインストールできるようなので安心。
Amazonでポスグレの本を購入。
家で使うぐらいならどんなDB入れても一緒だけど新しい事を覚えようとすると時間、金銭的なリソースを消費するのでOracle使いたかったけど まぁものは試しと言うことでポスグレ使うのも経験値が上がっていいだろう。
と書いてると、Oracle入れる方が激しく金銭的リソースを消費するなと思った。

記憶の外部化

以前PukiWikiでメモなどを取っていたけどPukiWikiは新しいページを追加するのが面倒だった。
ページ新規作成した後にそのページへのリンクを既存のページに書き加えないとダメだから。
またカテゴライズも手動なのでちと面倒、ということでblogにしてみたがこっちの方は追加や編集するときに管理画面にこないとダメなのが面倒だ。

通常モードからエントリーを編集できるリンクがあると良いんだけどやっぱ日記は書いたら編集しないのが普通でそういう要求は一般的ではないということなんだろう。
ふ~む、ぴったりなのがなかなか無い。

布教活動

自分もよくわかってないけどとりあえず布教活動してみた
んでテスト

——-
後で気が付いたけどこの布教活動とはblogを布教したのであってアヤシイ宗教を布教しているわけではないw
テストとはトラックバックのテストでス