無題日記

オレンジニュースから
Googleの浜地慎一郎さん、@ITの西村賢さんにエラい誤解を受ける
http://shinh.skr.jp/m/?date=20080604#p01
何気ない会話を記事にされた人の話。
オフレコでも気をつけないとダメってことね。Google社員ならなおさら。

この人の作った弾幕ゲー遊んだことあるな。
ウインドウマネージャを自作するぐらいマニアックな人だったのか。
これぐらいマニアックで変な人でないとGoogleには入れないのかw

映画、パプリカを観る。
映像がすばらしいな。色遣いがとてもきれい。
話は開発中の夢を共有できる機械が盗まれて、盗んだそのテロリストは他人の夢に侵入し悪夢に変えることで発狂させるみたいな感じ。でも映像ばかり目がいってなんだか話をちゃんと理解できなかったw もう一度観なければ。
感想としては話を理解しきっていないのもあるけど、黒幕を含め行動原理が十分説明されないまま話が進むので「何でこの人はこの行動に出たのか」がスッキリしないまま終わってしまった。

今敏氏の作品はパーフェクトブルーや妄想代理人のようにこの映画も夢と現実と曖昧になるその境界みたいなのがテーマになっているようだ。相当好きなんだなこのテーマ。

そして平沢進の音楽は今回も神がかっていた。
平沢進は間違いなく天才。

パプリカでは幼児向けの人形が一つのキーアイテムのようによく出てくる。
小さい子向けの人形って日本のだけにかかわらず、なんであんなに不気味なんだろうか。目が大きくて無駄にリアルだからか?
小さい子供(小学校低学年ぐらいまで?)が好む表情と、それ以上の年齢が好む表情は違うと言うことなんだろか。小さいときは表情を読み取る力が十分ではないために、それを補完するため表情を強調すると大人からは不気味に見えるとかそんなんか。

プログラミングの方はぼちぼち進んでいる。
一度完成したが自分で使ってみて「なんだこのそびえ立つクソは!」と思いちゃぶ台返しじゃないけど作り直すことに決定。
データ入力に難があるので、データ記述言語を作り、その言語でデータ入力することにする。
XMLでも良いじゃんという話があるがせっかくなので自作する。何がせっかくなのかはわからないけど勢いとかそんなん。

2 Comments

  • サブ

    2008年6月7日 at 2:30 AM 返信

    私もパプリカ、結構前にみましたよ
    なんと・・・途中で眠りに・・・
    夢に関しては、変な夢を小さいときからよくみるので、この手の話は私にとってはある意味リアリティがあってこわいんですよね
    リアリティじゃないな、なんとゆうか・・・

    妄想代理人もみましたよーおもしろいですよね

  • けんじ

    2008年6月8日 at 10:34 AM 返信

    ええーっ、寝たのw
    もったいない・・・。
    確かにパプリカの夢は悪夢が多いからあの夢は見たくないな。落ちる系の夢が多いし。映画的には迫力あっていいんだけどね。
    パーフェクトブルーはみた?サイコホラーでおもしろいよ。

Post a Comment

コメントを投稿するには、下の計算の答えを入力する必要があります。答えは半角数字で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.