MacBook Pro Retina 15インチ(2013)をクラムシェルモードでトリプルディスプレイにした

自宅の環境はもう10年以上も24インチデュアルディスプレイ環境でした。
しかし動画を見ながらプログラミングをして、同時に資料を見たい場合にデュアルディスプレイだとモニタが足りなくて不便な思いをしていました。

そんなとき、「そういえば家に使っていない24インチモニタもう一台あるよな」と思い、さらにDELL製のモニタアームが安かったなと思い出し、ついトリプルモニタにしてしまいました。
モニタアームはDELLのMSA14で、1万円ちょっとです。
今使っているエルゴトロンのは2万5千ほどした気がするので、だいぶ安いですね。でも作りはしっかりしていて問題無いです。
しかもDELLのモニタであれば、ワンタッチで取り付けることができるのでめちゃ楽です。

できあがった環境は次のような感じで、24インチトリプルモニタ。

MacBookPro Retina 15インチ 2013 GPU有り版は、Thunderbolt2が2ポートと、HDMIポートが1ポートあるので特に工夫をしなくてもWUXGA(1920×1200)のトリプルモニタが出力可能です。

次環境を変えるなら27インチ4kのトリプルディスプレイにしたいところ。
EIZOの27インチ4kモニタ早く出てくれ!(その場合はMac Proに買い換えないとダメだけど)

No Comments

Post a Comment

コメントを投稿するには、下の計算の答えを入力する必要があります。答えは半角数字で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.