Windowsでemacsキーバインド+IME操作

Windowsでemacsキーバインドを使いたい場合、AutoHotKeyを使っていたが、keyhacの方が便利ということでkeyhacに移行した。

そしてIMEをキーひとつで切り替えることができるように設定を変更した。
Kinesisキーボードを使っているのでEndキーでIME OFF、Page DownキーでIME ONだ。
EndとPage Downは別のキーにリマップして使うかもしれないので、EndキーをF11に、Page DownキーをF12にリマップして使う。
キーボード上でリマップできるのは非常に楽で便利だ。

keyhacはこちらから入手する。
emacsキーバインドはこちらから設定をもらう。ただ、この設定は左Ctrlしかemacsキーバインドになってくれないので注意する。

そして次の設定を追記する。これでF11でIME OFF、F12でIME ONとなる。
F11とF12はKinesisキーボードで使いやすいキーにリマップする。
IME切り替え部分のコードはこちらからいただいた。

No Comments

Post a Comment

コメントを投稿するには、下の計算の答えを入力する必要があります。答えは半角数字で入力してください。 *