git diffで新規追加したファイルをdiff結果に含める

みなさん、git diffしてますか?patchを作成するときに便利ですよね。

しかし、コミット前の状態でgit diffすると、新規作成したファイルは反映されず、patchを当ててもビルドエラーなんて悲しいことになった事がある方も多いと思います。

そんなときはgit add -N FILENAMEをすれば解決。
新規追加したファイルとマークをつけることができ、git diffの結果に含まれるようになります。

注意点ですが、コミット前の状態で普通にgit diffすると、追加ファイルがnew fileにならないので、git diff HEADを実行する必要があります。

$ git diff
// 変更点無し

// ファイル追加
$ echo "HogeHoge" > file2.txt

// 差分確認
$ git diff
// 変更点無し

// git add -N実行
$ git add -N file2.txt

// 差分確認
$ git diff HEAD
diff --git a/file2.txt b/file2.txt
new file mode 100644
index 0000000..1a12b63
--- /dev/null
+++ b/file2.txt
+HogeHoge

No Comments

Post a Comment

コメントを投稿するには、下の計算の答えを入力する必要があります。答えは半角数字で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.