UbuntuでNICを認識しない場合の対応

Ubuntuをインストールしても、有線LANがつながらない場合がある。
そんな場合はドライバが入っていない可能性があるので、入れるとOKだ。

まずはLANがつながらない理由が、NICを認識していないかどうかの確認のため、次のコマンドを実行。
$ ifconfig

127.0.0.1のローカルループバックのみしか表示されていなければ、それはNICを認識していないことになる。ここに有線LANまたは無線LANが表示されていれば、つながらない理由は他にあるので今回の対応方法以外の解決策が必要だ。

ローカルループバックのみ表示されているならば、今回の手順でドライバを入れればOKとなる。
次に何のドライバが必要か確認する。次のコマンドを実行すると、イーサネットのチップとして何を使っているかが確認できるので、メーカーからドライバをダウンロードしよう。
$ lspci | grep ‘Ethernet\|Network’

今回はIntel Corporation Device 1503と表示されたので、Intelからドライバをダウンロードする。
有線LANはこちら。無線LANはこちら

今回は有線LANのため、e1000e-2.2.14.tar.gzをダウンロード。
他のマシンでダウンロードし、LinuxマシンにUSBメモリなどでコピーする。
ファイルを解凍し、srcディレクトリに移動した後次のコマンドを実行する。
$ sudo make install
$ sudo modprobe -r e1000e
$ sudo modprobe e1000e

これでドライバが入ったはずだ。確認は次のコマンドで行う。例のようにe1000eが表示されればOK。
$ lsmod | grep e1000e
e1000e 158424 0

再びifconfigを実行して、NICが認識されていればOK!

4 Comments

Post a Comment

コメントを投稿するには、下の計算の答えを入力する必要があります。答えは半角数字で入力してください。 *